誰でも簡単にできる資金調達法といえばクレジット現金化

クレジット現金化 利用手順

急な資金繰りをしなくてはならない時に活躍することが多くなりましたカードでお金のクレジット現金化ですが、初心者の方ですとご不明点が多いことでしょう。
クレジット現金化の利用経験者であればお金が手配されるまでの手順はお分かりですが、初めての人は失敗したらどうしようって不安がちになります。
クレジット現金化のビギナーには気がかりな資金策としか見えていないかと思いますが、それは仕組みや利用手順を理解されていないからではないでしょうか。
確かに初めてやることに関しては慣れていないこともあり不安心を抱いてしまいますが、誰でも簡単にできる最強の資金調達法といえばクレジット現金化です。
クレジット現金化をすることが初めての人でも安心して利用していただけるように利用手順について解説していきます。


クレジット現金化の利用手順

クレジット現金化 利用手順
カードのショッピング枠現金化をすることができる権利をお持ちの方はご本人様名義のクレカを所有していること前提です。
現金化業者の中には「家族カード」を用いて対応してくれる店舗もありご主人様のクレジットカードを奥様が使用して取引をしてくれることがありますが、基本的にはカードの名義人様ではないとクレジット現金化はできません。
これは現金化業者側がトラブルを回避したいと考えているからであり不正利用にも繋がるからです。
クレジットカードのショッピング枠現金化を運営している業者はネット上で検索ができ、利用したいからといってわざわざ店舗まで出向かわずに契約をすることができます。
北海道にお住まいの方が東京にある現金化業者とネットを通じて契約を交わすことも可能です。
では、クレジット現金化の利用手順の本題に入りましょう。

 

クレジットカードのショッピング枠残高を確認

クレジット現金化 利用手順
クレジット現金化を利用するには当然ですがお金の手配をしてくれるお店を選ばなければなりませんが、その前にやっていただくことがあります。
まずは、お持ちでらっしゃるクレジットカードのショッピング枠残高を確認することから始めて下さい。
クレジット現金化はショッピング枠を使用してお金を手に入れるわけですから、ショッピング枠が残っていないとなると利用することはできません。
自分が使っているカードだからといって残っているショッピング枠の把握はできていると自負されている方がいますが、実際に現金化業者と契約を結ぶ際にクレジット決済に失敗する人が多いです。
オンライン決済が成功しない例は色々ありますが、大半がカードのショッピング枠残高不足が原因となっております。
面倒かもしれませんがクレジット現金化をするのであればカードのショッピング枠残高は確認してください。

 

利用する現金化業者を選定

クレジット現金化 利用手順
先程も申し上げましたようにクレジット現金化はネットでお取引ができるのでご自宅でスマートフォンかパソコンがあれば資金調達ができます。
利用したい現金化業者もネットで探すこともできますので、公式ホームページを訪問しお気に召した店舗を見つけてください。
クレジット現金化を行なっているお店はネット上には仰山いますので利用する現金化業者の選定は悩まれることだと思いますが、やっとの思いで決めれた時は充実感も得られることでしょう。
唯一、厄介なのはネット上には悪徳業者がウヨウヨしていますので最悪なケースとして悪質現金化業者と取引を交わしてしまうかもしれないということです。
悪質現金化業者によって最悪な状況に追い込まれない為にも用心することが大切で利用する現金化業者を選定は慎重にならなくてはいけません。
当サイトの優良店厳選6社にあるクレジット現金化業者であれば失敗することはありませんので、各企業情報を参考にしてください。

 

現金化業者に申込み

クレジット現金化 利用手順
インターネットでお気に入り現金化業者を見つけ出せましたら、その店舗の公式ページの申込みフォームからエントリーしていただきます。
申し込みフォームから申出する場合は各項目に必要事項を入力し送信していただければ、その店舗の担当者から電話がかかってきますので指示に従って手順通りにお手続きをしてください。
直接店舗に電話をしていただいて申し込むことも可能ですので、どちらの方法で申し込むかはその人次第です。
対面式の申込みではないと不安だという人は直接店舗でクレジット現金化ができる来店型の業者をおすすめいたします。

 

身分証明書を写メールする

クレジット現金化 利用手順
クレジット現金化業者への申込みを済ませていただきましたら使用するカードの名義人様からの申込みということを確認する為、携帯電話のカメラ機能を活用して身分証をお撮りいただき店舗が指定するメールアドレスまで送信していただきます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

のいづれかの身分証明書を写メールすることができない方はクレジット現金化はできません。
また、以上の3つの有効期限が過ぎている場合も取引には応じてくれないこともあり、更新手続きができておらず住所が違う場合は公的な郵便物も写メで提出しなければならないこともあります。
クレジット現金化業者への提出物は店舗によって異なりますので申込みをする事前に確認をしておく方が良いでしょう。

 

クレジット決済後に送金

クレジット現金化 利用手順
先程もお伝えいたしましたがクレジット現金化はカードのショッピング枠残高がなければ利用することはできません。
使用できるショッピング枠を確かめておく必要があり幾ら分使えるのか分かった時点で、ここまでの手順を済ませていただきキャッシュバック方式を用いている現金化業者でしたらネットショップを紹介されます。
使いたいショッピング枠分の好きな品物を選んでいただきクレジット決済をして商品を購入してください。
オンライン決済が終りましたら後は現金化業者からご指定の銀行口座へ送金を待つだけです。
クレジット決済後に送金となるので、残高確認が重要なことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

購入した商品を受取って取引完了

クレジット現金化 利用手順
キャッシュバック方式のクレジット現金化業者でのお取引は、後日利用者のお住まいへ購入された品物がお届きになります。
ご自宅に商品が届くのがご都合悪い場合は、配送先を変更されるかもしくは日時を指定していただき納品をしてください。
キャッシュバック方式ではお買い上げされた商品は納めていただくことが原則となっており、クレジット現金化をした方は必ず受取らなければなりません。
キャッシュバック方式のクレジット現金化では購入した商品を受取って取引は完了です。

利用手順のまとめ

クレジット現金化 利用手順
以上がクレジット現金化の利用手順ですがお分かりいただけましたでしょうか?
それほど難しい資金調達法ではないということをご理解いただけたかと思いますが、もう一度カードでお金の手順をおさらいします。

  1. 使用したいクレジットカードのショッピング枠残高を確認
  2. 契約するクレジット現金化業者を選定
  3. 現金化業者に電話か申込みフォームからエントリー
  4. 身分証明書を写メールで提出
  5. 指定の店舗でクレジット決済をし指定の銀行口座へ送金
  6. 何日か後に届く商品を必ず受取る

クレジット現金化の手順通りにやれば簡単ですので、初めての方ですと不安はあると思いますが簡単にできる資金調達法ですから自負せず挑戦してみてください。

更新日付:2016/12/21

このエントリーをはてなブックマークに追加